急いだことはしなくて大丈夫。
ゆっくりあなたのペースで。
やりがいを見出していってもらえたら。

しぶや みずえ

職場での役職を教えてください。

私は、2011年4月の開所時からのスターティングメンバーです。現在は小さなたね(18歳未満のお子さんをお預かりする施設)で介護主任として勤務をしています。

入社のきっかけを教えてください。

もともとは小さな福祉作業所でパートとして働いていたのですが、
その後、知り合うこととなる所長(水野さん)から一緒に働きませんか?と直接お声かけをいただきました!その時にいただいたお話は、小さなたねの前身の「特別支援学校の立ち上げ」という新しい事業に関するお話だったのですが。(笑)その後、小さなたねとして新しくスタートを切る際にもお声かけをいただけて、現在へと続いています。

仕事のやりがいを教えてください!

子どもたちのちょっとした表情の変化がとても嬉しくて、ニコッと微笑んでくれるようなことがあるとすごく励みになります。この子たちとかかわることができて嬉しい、愛おしいという気持ちが更に増して幸せな気持ちになりますね。

現在、何名くらいの方が小さなたねへ通われていらっしゃいますか?

トータルで11名ほどが通われています。
多くて週3日ほど来られている方もいらっしゃいますが、週1、週2ペースで来られている方も多いですね。1日あたりの人数でいうと4~5名くらいでしょうか。来られるお子さんの数に対してのスタッフ数は充実していて、実際の現場ではマンツーマンくらいの手厚いサポートが行えています。

お子さんたちとのかかわり方で意識している点はありますか?

お子さん1人ひとりの接し方は違うのですが
「より楽に過ごしてもらう」 ということを意識しています。
バギーから寝かせるときのポジショニング、体が少しかたくなっていると感じた時にはクッションの置き方を工夫してみるなどです。
また、子どもたちは1人になるのが寂しいようで、気持ち的な部分で寂しさを感じることがないよう、その都度「声かけ」を行なうことも意識しています。

スタッフ間の連携、コミュニケーションはいかがですか?

現場では看護スタッフと介護スタッフがペアで、声をかけあって連携を深めています。
お子さんごとに薬を飲む時間等があらかじめ決まっているのですが、
そんな医療的なケアの部分は、看護スタッフがきっちり管理しています。
その時間にあわせて介護スタッフは、「抱っこして絵本の読み聞かせをしても良いですかー??」等、お子さんの体勢を気にかけた上での声かけ等を行っています。
お子さんは1人ひとり担当制で、日替わりで担当スタッフを代えていきます。誰もがみんなその子の担当ができるようになるように各々の経験をつみあげていきます。
そのため、スタッフ間での連絡事項の共有等、コミュニケーションはやっぱり大切ですね。
「楽しいことが好き」「楽しむことが好き」というメンバーに恵まれて、毎日にぎやか、笑顔がたくさん溢れる職場です。

医療スタッフ以外の方のかかわりなどもございますか?

黒川さん(男性)というスタッフがいるのですが、もともとはボランティアで花壇の整備等を行っていただいていました。それが昨年からは「運転手」として勤務をしておられます。変わらず花壇を整えてくださったりもして、黒川さんの整える花壇がすごく好きです。このようなかかわり方から入って、実際に職場の仲間になっていただけるということはとても嬉しいことです。

またバルーンアートで有名な「きみちゃん」という方が近くにお住まいで、コロナウイルスが流行する前には、よくお越しいただいていました。風船をさささーといろんな動物やキャラクターに変身させたり、華麗な手品を披露していただけたりとそれを間近で見る子どもたちはいつも大喜びです。現在はなかなかお越しいただけておらず、少し寂しいです。

介護のお仕事に資格取得は必要でしょうか?

私の場合は、前職の小さな福祉作業所で勤務していた頃に、介護福祉士の資格を取得しています。現在、現場で働いている介護スタッフも全員介護福祉士の資格を持っていますが、資格を持っていないと働けないというような決まりは特にありません。

スタッフの大半が資格取得者だからこそ、逆に不安なところをしっかりカバーできるという強みもあります。未経験からスタートという方も、一から丁寧にサポートしますのでどうぞご安心ください。

業界未経験の方に向けて一言アドバイスをお願い致します!

未経験の方からすると、実際にお子さんに対してどんな接し方をしたら良いのかわからないですと不安に思われる方が多いようなのですが、小さなたねでは、入社してすぐ「自分で考えてやってみなさい!」というようなことはありません。
1人ひとりのケアをする際の注意点を書きこんだ手順書もしっかり事前に作っていますので、その用紙を見ながら、あとは声かけでしたり、関わり方を少しずつ学んでいっていただけたらと思っています。
関わり方のアドバイスの1つですが、ここでは「急いだことはしなくて良い」です。
その子にあわせて「待つ」「ゆっくり進める」という意識があれば、大丈夫ですよ。

現場自慢をぜひ!!

「家と病院のあいだ」というイメージで、ここに通う人も働く人もみんながあたたかいところです。また、一人ひとりにきめ細やかなケアができていると思うところも自慢に思います。
お子さんの好きな音楽をかけて、大丈夫?ここきつくないかな?と
スタッフが背中を支えてあげたりする、そのようなことが日常風景にあって、本当に心がほっとするようなあたたかい空間です。

シブヤさんがこの職場で働き続けたい理由を教えてください。

もう一言で挙げるとすれば「所長の熱い思い」にいつも突き動かされるからです。
実はスタッフ全員、そう感じているのではないかと。(笑)
ミーティングの時にもご自身の思いを語られ、「たね通信」というかたちで文字にして周囲に自分の気持ちを届けようとする際の、その伝え方、考え方がとにかく立派な方です。
所長の思いや考えに深く共感できているというところがやはり大きいですね。
ただただ所長についていきたい、小さなたねを盛り上げていきたいという気持ちでいっぱいです。