小さなたねの外観

地域で“フツウ”に暮らせる支援ネットワークの構築を目指して

小さなたねの理念

双方えがおです 重い病気や障がいをもって生きる方々の〝いのち〟から学びます。
 各々に必要な支援を考え、共に成長していくことを大切にします。
 当事者たちの声なき声を中心に、繋がり合うことを喜びます。

日中活動の提供(医療型特定短期入所・日中一時支援)

障害者総合支援法による「医療型特定短期入所」や「日中一時支援事業」を行っています。利用される方の身体状況や環境に応じて、医療的ケア、食事、排泄、入浴、健康管理等の必要な支援を行います。

ご利用時間

9:00~18:00

休所日

日曜日・祝日・お盆及び年末年始

利用するには

障害福祉サービスの支給決定(受給者証)が必要となります。市区町村の福祉課で手続きを行って下さい。

ご利用までの流れ

ご利用の流れ

在宅支援(居宅介護・重度訪問介護・訪問介護)

障がいのある方のご家庭に、ホームヘルパーを派遣します。「居宅介護」は、障がいのあるご本人やご家族の状況に応じて、在宅生活を援助するものです。また、一人暮らしなど常時介護を要する場合、長時間ホームヘルパーが訪問して、身体介護・家事援助・移動支援などの支援を行う「重度訪問介護」を利用することもできます。介護保険の対象となる方は、介護保険法による「訪問介護」(または「介護予防訪問介護」)を利用することができます。※市区町村による支給決定が必要です。

相談支援(指定特定相談支援・指定障がい児相談支援)

相談支援は、ご本人やご家族の生活に対する意向や、解決すべき課題を踏まえた援助方針に基づき、適切な障がい福祉サービスや教育や医療による社会資源を組み合わせた「サービス等利用計画」を作成します。ご本人やご家族と各関係機関による担当者会議の開催や、定期的なモニタリングを行い、必要時には見直しを行います。障がい福祉サービス等でお困り事がありましたら、お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。092-874-30519:00〜18:00(日祝日曜・お盆・年末年始除く)
〒814-0172 福岡市早良区梅林6-23-3

お問い合わせやご相談だけでもお気軽に!